MENU

Jaybird RUN 9/25発売

2017 9 15 Fri
jaybirdrun4 9月15日スポーツイヤホンブランド「Jaybird」より、完全ワイヤレスタイプのイヤホン「Jaybird RUN(Jaybird RUN TRUE WIRELESS SPORT HEADPHONES)」が発表された。ケーブルがなく、軽量。高いフィット感、防汗性と耐水性、4時間以上のバッテリー持続時間など「Jaybird RUN」というネーミングからもわかる通り、ランナーために設計されたスポーツイヤホンである。

jaybirdrun1
jaybirdrun2 ゲストのランナー川内鴻輝氏とラテンアメリカンダンサー曽又奈々氏がJaybird RUNを装着したところ。イヤホンを付けるのではく、Jaybird RUNは「着る」感覚に近い。洋服にサイズがあるように、個人個人の耳に合うように交換可能なパーツで実現している。

jaybirdrun3


〈Jaybird RUNの特長〉
ケーブルの煩わしさを完全に取り除いた完全独立型の真のワイヤレスイヤホン。クリアなボーカルで高音質、着用していることさえ忘れてしまう程のフィット感が特徴のスポーツイヤホン。もちろん防汗&耐水設計。

■真のワイヤレススポーツイヤホン
ケーブルがなく、軽量・快適なフィット感でランナーをサポート。防汗と耐水機能やカスタマイズ可能なサウンドは、まさにランナーによる、ランナーのための設計。

■セキュア&快適フィット
交換可能なチップとフィンは、あらゆる耳のサイズに対応。激しい動きでもずれにくいフィット感。装着していることを忘れてしまうほどの一体感。

■二重の疎水性ナノコーティングで防汗&耐水
耐水よりもさらに厳しい防寒処理を施しているため、汗に含まれる酸からも保護。汗をたくさんかいたり、雨が降っても泥にまみれても、常に走りに集中できるようランナーをサポート。

■サウンドのカスタム・イヤホン検索機能・通話機能
Jaybirdアプリを使って低音域から高音域まで自由にカスタマイズ、サウンドのプロファイルをイヤホン本体に直接保存することができます。また、万が一イヤホンを無くしても、Jaybirdアプリの「イヤホンの検索」機能でイヤホンを探すことも可能。通話もOK。

■バッテリーの持続時間は計12時間
バッテリーの持続時間は、イヤホン本体のフル充電で4時間、充電ケースでさらに8時間。計12時間*のポータブルなバッテリーにより、バッテリー切れの心配は不要。
*使用方法やデバイスによって異なる場合があります。

■充電ができるケース
面倒な充電をよりシンプルに。同梱の充電ケースは、スタイリッシュかつ持ち運びに便利なコンパクトサイズで、8時間*のバッテリー(2回フル充電分)が持ち運び可能です。5分充電するだけで、約1時間も再生できるクイックチャージ。
*使用方法やデバイスによって異なる場合があります。


参考税別価格は2万5880円。2017年9月25日(月)よりJaybird製品取扱店で発売される。

■詳しくはJaybirdのHPをご確認ください。
https://jaybirdsport.com/ja-jp/