MENU

第4回ジャパンコーチズアワード

2017 3 4 Sat
2017年3月4日(土)に『第4回ジャパンコーチズアワード』がザ・プリンス パークタワー東京(港区芝公園)で開催された。欧米のスポーツ先進国では指導者に焦点をあてたアワードが多数存在しているが、現在の日本においてはスポーツ指導者が表彰される機会はそう多くないという。『ジャパンコーチズアワード』 は日本のスポーツを支える指導者の祭典で、「欧米のスポーツ先進国に匹敵する指導者の権威の確立」、「指導者啓発による質とモチベーションの向上」、「競技の枠を超えた横の繋がりを作ること」を目的として2014年より年1回開催されており、今年で第4回目を迎える。

最優秀賞には青山学院大学陸上競技部 原 晋 監督が輝き、練習で授賞式にこれなかったため代わりに妻・美穂さんが出席され、ビデオメッセージで受賞の喜びをコメントされた。

以下、 原 晋 監督のコメント。
「今年度のチームのテーマなんですけどもVenture Green 青山オリジナル といったものを掲げ一年間取り組んでいます。今までの陸上界の常識にとらわれることなく新しい陸上界の発展に我々は全力で取り組んでいます。Venture Green 青山オリジナルです。チームにとって奥さんの存在ですけどもやはり無くてはならない存在になりました。グラウンド現場では私が責任者として、寮生活においては妻・美穂が学生達のサポートを真剣に楽しくやってくれています。本当にありがたい存在だと思っています。サンキュー大作戦なんですけども、私自身恒例になりました大作戦シリーズ 箱根駅伝三連覇 大学駅伝三冠 そして私九度目の箱根駅伝への挑戦だったんですね。今までお世話になった高校の指導者 卒業生 校友多くの皆さんに感謝の意を込めてThank Youありがとうといった思いでThank You大作戦考えました。Thank You!」。 原監督原 晋 監督ビデオメッセージ

<第4回ジャパンコーチズアワード 受賞者 一覧(順不同)>

最優秀コーチ賞
■陸上・駅伝
青山学院大学陸上競技部 原 晋 監督
2016年の出雲駅伝で2年連続3回目の優勝を皮切りに、2016年全日本大学駅伝優勝、2017年第93回箱根駅伝で3年連続優勝と「大学駅伝三冠」の偉業を達成。

優秀コーチ賞
■野球
花咲徳栄高等学校 硬式野球部 岩井 隆 監督
2001年に花咲徳栄の監督に就任。就任後初の埼玉大会で優勝する快挙を成し遂げた。創意工夫した練習や足を絡めた戦術に定評があり、プロ野球選手も輩出。直近では3季連続甲子園出場(2015夏、2016春、2016夏)と安定したチーム作りを評価。

■サッカー
十文字学園高等学校 女子サッカー部 石山 隆之 監督
第25回全日本高等学校女子サッカー選手権大会優勝にチームを導く。コーチとしては「なでしこリーグ」選手のキャリア意識に関する研究などに取り組み、女子スポーツ選手の環境皆瀬への意識が高い。実際に女子サッカーでの成果を全国大会で達成するというコーチとしての技術も高い評価を受けている。

■一般財団法人ジャパンコーチズアソシエーション
2016年2月設立。スポーツ指導者が抱えるさまざまな問題をともに解決し、スポーツの健全な発展とよりより社会づくりに寄与することを目的として日本のスポーツ指導者の地位向上を目指している。